給付金訴訟について

Pocket

弁護士に相談できることの一つとして最近話題になることが多いのはB型肝炎給付金の訴訟です。かつて国が実施していた集団予防接種において、注射器を使い回していたことによって多くの方がB型肝炎に感染してしまいました。そのため国が集団訴訟を受けてしまい、その結果として国が給付金を支給することになったのです。

裁判所まず、B型肝炎給付金を受け取るには国相手に訴訟を起こします。あくまでも形式的なことであり、国と争うというわけではないのですが、証拠をきちんと集めなければならず、裁判所にも足を運ばなければいけません。手続きを進めていくためにはかなりの労力がかかってしまうでしょう。そこで弁護士に依頼することになるのです。弁護士に任せることによって、負担は大きく軽減します。B型肝炎の訴訟については国も弁護士費用を一部負担してくれるため、弁護士費用もそれほど高くはありません。

これからもB型肝炎給付金の訴訟をするケースは増えていくでしょう。その際には弁護士に頼むことによって、負担を軽減することができます。このような訴訟を専門としている弁護士はたくさんいます。プロとして弁護士がしっかりと仕事をしてくれるでしょう。